オフィスで人間関係を良好に保ち、長年勤めて行くには、ビジネスマナーをきちんと身につけておくことが大切です。

オフィスで重要なビジネスマナーを押えよう
オフィスで重要なビジネスマナーを押えよう

オフィスで重要なビジネスマナーについて

オフィスで最も重要視されるビジネスマナーは挨拶です。挨拶されて嫌な気分になる人などこの世に存在しません。仕事上で人間関係を良好に保ち、気持ちよく仕事をしていくためには、挨拶は非常に大切なことなのです。挨拶ならどんな方法でもよいと言う訳ではありません。ボソボソと小さな声でする挨拶では、何の意味もありません。大きな声で相手の目を見て、笑顔で明るく挨拶することが大切なのです。そのように挨拶出来れば、とても印象の良い人だと感じてくれます。好印象の人には近寄りやすく、何でも仕事を頼みやすいものです。また頼んだ仕事も感じよく受けてくれれば、だんだん会社での評価も上がり、給与などに反映して行くのです。挨拶をして損は絶対ないのです。挨拶はビジネスだけでなく、社会生活を円滑に営む上で最も大切なマナーであることに間違いありません。

またオフィスにおいて挨拶の次に大切なマナーがあります。それは肩書や役職をしっかり把握して、先輩や上司を敬う姿勢です。具体的に言うと、尊敬語や謙譲語の使い方や、区別をしっかり身につけておかなければ、オフィスで恥をかく羽目になります。またこうした区別や使い方が習得できていないと、外部からの電話対応においても大失態をさらす場合があるのです。特に若い人に多いのが尊敬語と謙譲語の区別がついていない事で、その使い方が混同してしまっているのです。これはお客様に対して大変失礼な態度に成りかねません。もう一度社会人のマナー本などで言葉の使い方を勉強しておく必要があるのです。またオフィスにおいては常に先輩や上司をたてて、先輩や上司の手を煩わせないよう常に配慮や気配りを忘れない事がマナーです。指示される前に、何か手伝う事はないかと自ら仕事を探したり、手伝いましょうかといった声をかける事が大切なのです。そういう後輩は誰の目から見ても可愛いものです。そのため先輩などから受け入れられ、長年その会社で勤めて行くことができるようになるのです。

話題のワード、以下サイトでチェック

Copyright (C)2017オフィスで重要なビジネスマナーを押えよう.All rights reserved.