私は入社して2年になりますが、オフィスなどで上司やお客様に対する言葉使いとビジネスマナーを常に心がけています。

オフィスで重要なビジネスマナーを押えよう

オフィスでのビジネスマナーは大事

私は今の会社に入社して2年目になる20代男性です。私がオフィスでのビジネスマナーを常に心掛けていることはやはり会社の上司や来客したお客様に対する言葉使いです。もちろん、初めてお会いしたお客様には、第一印象というものも重要視されてきますが、人間話さなければ、何もわからないと思うので、私は、常日頃相手に対しての言葉使いを心掛けています。私は昔相手と話すときはあまり相手の目を見て話すということが苦手でした。しかし、上司は相手の目をしっかり見て話しているのを見て、かっこいいと感じました。やはり、相手の目を見て話をするということは、相手からも見て真剣に話していると感じます。それに比べて、相手の目を見ないで、話すと何をしに来たのかが相手に伝わりにくいです。なので、なるべく相手の目を見て話すことが重要だと私は思います。

また、相手と話すときは、自分より下の人間でも、相手側がお客様だったりする場合は、きちんと敬語を話すということが重要です。自分より年が若いからといって敬語じゃなくていいということは、社会において許されないことなのです。しっかり、敬語を使って話をした方が社会一般を理解したとは言えないと思います。会社などで、お客様と商談する際には、相槌というものも重要視されてきます。なぜかというと、相槌を打つだけで、真剣に相手の話を聞いているということがわかるからです。相槌は自分が相手の立場になったときに考えると、やはり真剣に話しを聞いてほしいということは当たり前だと思います。このことを踏まえて相手と会話してはいかがでしょうか?

話題のワード、以下サイトでチェック

Copyright (C)2017オフィスで重要なビジネスマナーを押えよう.All rights reserved.