新入社員へのビジネスマナー研修で、オフィス内でのコミュニケーションについても触れてほしい旨を書きました。

オフィスで重要なビジネスマナーを押えよう

オフィスでの新入社員へのビジネスマナー研修

4月になり、新社会人を目にするようになりました。新人研修も多くの企業で行われています。その研修の中には、企業の事業内容はもちろん、ビジネスマナー研修も含まれているところが多いそうです。社会人としてのビジネスマナーをしっかり教えてくれる機会があるというのは素晴らしいことです。私は今までいわゆる大企業に務めたことはありませんが、そういった教育や研修をしっかり教えてくれるのが、大企業の強みであり、魅力だと感じました。

新聞などでも、社会人としてのビジネスマナーのコラムをよく読みます。同じ会社の同じオフィスにいるとはいえ、身内でもビジネスマナーを身につけておかなければ、信頼に関わります。社内での相談の仕方についての記事は最近よく見る気がします。先輩から依頼された業務内容に関して、質問をしたいことや相談をしたいことがあるが、どうしたら良いのかわからないというものでした。相談をせずに間違った方法で業務をこなしたり、問題が大きくなる前に、相談すべきだと思います。また、上司としても、指示を出したらそのままにしておくのではなく、適宜進捗の確認をしたり、声がけをして、相談しやすい環境を作ってあげることも大切だと思います。本来であれば、進捗の確認などされる前に、指示を出されたほうが上司に対して報告をすべきところではありますが、新入社員ともすると、まだ社内の温度感もわからず、どうして良いのかわからない、ということになりがちなのだと思います。このあたりも含め、ビジネスマナーと言えると思うので、研修でも教えてほしいですね。

話題のワード、以下サイトでチェック

Copyright (C)2017オフィスで重要なビジネスマナーを押えよう.All rights reserved.